ミステリーセッティングダイヤモンドペンダント

ミステリーセッティング 1.50ct ダイヤモンド

ミステリーセッティングとは、ダイヤの中に十字の爪を埋め込み、ブロックを繋ぐように角石を留めていく加工技術です。

ヴァンクリフアーペル社が1980年頃に開発した加工技術で、当時はサファイアかルビーが主に使用されていて、価格も数千万とかなりの高額なジュエリーでした。

近年、レーザー技術の進歩と大量生産可能な機械化がすすみ、ダイヤモンドも加工できるようになり価格も安く提供できるようになりました。