タンザナイト石言葉

%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%b6%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%b9

ゾイサイトは、ブルーやグリーンがありますが、宝石の扱いをされるのはタンザナイトだけ。 この石は、見る角度によって、良質のブルーサファイヤのような青色から、赤味を帯びた紫色と変化する「多色性」をもっているのが特徴です。

高い評価を得るには、色が濃く、すぐれた多色性を持っていることが条件です。

産出されるのは、タンザニアですが、他には、今のところケニアのみです。

主要鉱山だったタンザニアのメレラニ鉱山は、1998年に洪水により、閉山してしまいます。

その影響と人気の高さで、その価値は急騰しました。 その後、鉱山が再開され、価格も安定しています。 しかし、最近ではタンザナイトワンという、タンザナイトの流通量をコントロールする機関ができ、価格を調整しています。

産出量も減少し、希少価値が高いタンザナイト・・・ 2ct以上のブルーとヴァイオレットが美しく、深い色合いと多色性があれば、価値はますます高くなります。 パープルの強いものより、ブルーサファイヤと見間違えるほどのブルーヴァイオレットが、より稀少です。

宝石ことばは、空想、冷静、神秘、誇り高き人・・・

今・・・「あっ!私のこと・・・」と想った方、  是非お買い求めください。